スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍版フリーライフ その6

キャラクターラフその4
キャラクターラフその4+α

書籍化の件でごたごたしていて、少々時間が空きました。

一週間ぶりの気がつけば毛玉です。

さてさて、今回はヒロインの一人、フランソワ・ド・フェルディナンについてお話します。

この金髪縦ロールのお嬢さんは、大貴族の一人娘にして、王立学園きっての才媛でもあります。

文武に優れ、芸術や美食への理解も示し、リーダーシップもある。

そんな彼女の唯一の欠点は、『少しばかり』思い込みが激しいこと。

のんべんだらりと過ごしたい主人公に対しても、「国益のためなら」と授業に引っ張っていきます。

さて、何でこんな子がヒロインの仲間入りを果たしましたかと言いますと、ずばり、「主人公sugeeee!!」と称賛するキャラクターが欲しかったからです。

役割分担という訳ではありませんが、登場するキャラクターには、それぞれ、何らかの役目があります。

「日常を象徴する幼馴染」だとか、「保護欲をかきたてるためのロリっ子」だとか、「セクシー担当、むっちりお姉さん」だとか、それは様々です。

ただ、意味もなくキャラクターにスポットライトは当てませんし、当てたからには意味を持たせるのが自然な流れでしょう。

フランソワは、当然、意味をもってスポットライトを当てられたキャラクターです。

彼女の役目は、貴大の引き立てること。彼への称賛を惜しみなく送ること。

それだけです……いや、そのはずだったのですが。

話が進むにつれて、『思い込みが激しい』という特徴が暴走し、貴大を振り回しているような気もします。

言うなれば、ヨイショ役が実は主役だった、みたいな。

ま、まあ、貴大は主体性があまりないので、ぐいぐい引っ張っていくようなキャラには弱いだけでしょう!

……た、たぶん^^;

さて、次回は『腹パンしたいヒロインNO.1』、アルティさんについての話です。

お楽しみに。




スポンサーサイト

theme : 挿絵・イラスト
genre : 小説・文学

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

実習中の服装がモンハンっぽいw 

腰の短剣は剥ぎ取りようだな。
プロフィール

気がつけば毛玉

Author:気がつけば毛玉
FC2ブログへようこそ!

リンク
お買い物は
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。